【金融教育】(簿記3級)親がまず勉強を始めてみた その4

皆さんこんにちは!
トンです

今回は57回のうちの、第3回目の動画講義の内容を学びました
そこで得たヒントを皆さんに共有したいと思います

第3回の講義で得られる学び

貸借対照表とは何か

損益計算書とは何か

貸借対照表とは何か
イメージ図
具体例

一定時点の財政状態を表したもの(B/S: Balance Sheet)

資産、負債、純資産(資本)の内容に分けて表す

資産: 企業が有する経済的資源

負債: 将来、金銭などを支払わなければならない義務

純資産(資本): 資産総額から負債総額を差し引いた金額

借方(かかた)は左側、貸方(かかた)は右側
「ひらがなの“払い”の方向に配置する」と覚えましょう

借方・貸方の内容は、銀行視点

借方: 銀行視点で見ると、預金等の資産は「借り」ている

貸方: 銀行視点で見ると、ローン等の負債は「貸し」ている

債務超過の場合(会社がつぶれます。簿記3級では問われません)

損益計算書とは何か
イメージ図
具体例

一定期間の経営成績を表す(P/L: Profit & Loss statement)

収益、費用、当期純利益 or 当期純損失の内容に分けて表す

収益: 企業活動によって得た稼ぎであり、純資産の増加要因

費用: 企業活動において収益を獲得するために負担したコストであり、純資産の減少要因

当期純利益 or 当期純損失: 収益から費用を差し引いた差額
理解したこと

貸借対照表、損益計算書の具体的なイメージ

まとめ

いかがでしたか?

貸借対照表と損益計算書の具体例が出てきました
まだ慣れないのですが、これからどんどん細かくなっていきます

頑張りましょう

ちなみに、半沢直樹(証券会社出向バージョン)でターゲット企業の損益計算書を見るシーンがありました、「次、次、ふたつ前、次・・・」と、こんな感じで

ちょっと憧れます(笑)

ということで、今日はここまで
それではまた!

にほんブログ村 投資ブログ 資産形成へ
にほんブログ村
その他の教材
クレアール リベ大の両学長も一押しのクレアール

一方で、「独学して出費を抑えたい!」という方には、こちらの教材がおすすめです


おすすめの電卓

必須機能を満足していたら、基本的にはなんでも良いです
メーカーごとにキー配列の癖があるようなので、一度買うと一生の付き合いになるようです
一生の付き合いになるのであれば、しっかりしたものを買うのもよし、コスパ重視もよし
まだ簿記受験に適した電卓を持っていない方は、この機に準備するとよいでしょう

有名どころのメーカーは、カシオ/キヤノン/シャープです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA